ファヴィニャーナ島で再チャレンジ 夜のクスクス


14日目:2015年5月20日(水) ファヴィニャーナ

ファヴィニャーナ島で迎える2日目の夜
ホテルを出て、晩御飯に向かいます

レストランやバーでは、外のテーブルで談笑する人たちがたくさん

若い白人の男の子たちの中から手を振る女の子がいた
よく見ると、カーラ・ロッサで会った韓国の女の子2人だった
とは言っても「何日滞在するの?」「ここは綺麗だね」程度の会話を交わしただけだったけど(会話が発展しないワタシの英語力w)

つやつやでまっすぐなロング・ヘアの二人は、まさにアジアン・ビューティーそのもの。英語も上手だったし
楽しい夜を過ごしているようです

1IMG_0065.jpg
アジア人のおじちゃん・おばちゃんの二人組であるワタシ達は、バーには目もくれず、シチリア料理を目指すのでした

2P5190987.jpg
再びやって来ました Il quadrifoglio
お店の詳細はこの記事で→ファヴィニャーナ島で通い詰めたゴハン屋

【クスクスに再チャレンジしてみた】

***そもそもクスクスって?***

音が可愛いクスクスは、もともと北アフリカの主食でパスタの一種
シチリアは9~10世紀、多くの地域がイスラムの支配下
この辺は特にチュニジアに近かったことからクスクスが伝わり、
現在も伝統食文化として根付いているそうです

なんたってシチリアの西の端っこのこのあたりは、チュニジアの首都チュニスまで約200キロ、アフリカ大陸の一番近い場所まで約100キロ
クスクスがあっても不思議はない

***でもね***

クスクスは粒状のパスタ
実は(と言うほどでもないけど)、クスクスはそんなに好きじゃない

パスタは長いのが好き
粒状だったら、やっぱりお米!お米!!お米!!!(ウルサイ)

…この程度の理由ですが…(;´∀`)…

だから今まではメニューにクスクスがあっても注文しなかった

でも魚介スープ味のクスクスは、素朴な味がしてなかなか美味しいです

それでもこのスープでお米を炊いたら…(往生際が悪い)
3IMG_0058.jpg
左奥は、ズッキーニと紫玉ねぎの炒め物
右側はマグロの団子トマトソース煮
昔ほどマグロは獲れていないらしいけど、マグロ料理は名物です
そして手前がクスクスですよ 上に乗っかってるのはドライ・トマト

4IMG_0060.jpg
この店で一番高い料理 魚介のフリット・ミスト!

15ユーロ!!( ・ㅂ・)و グッ

安い・ウマイ(作り置きじゃないから、早くはない)
そしてこの料理はプラスチックの皿ではなくて、ちゃんとしたお皿でした

5IMG_0059.jpg
ワインもつけちゃう
マルサラとトラーパニの間にある会社のワインみたいです

6P5201074.jpg
マグロのオイル漬けなど、マグロの加工品を売っている店
ボッタルガ(マグロのからすみ)のパウダーを買ってきました
パスタに絡めると、あっという間に地中海の味になりますよん♪

関連記事

イタリア旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村
設置してみました↑
もし記事が気に入っていただけたら、ポチッとクリックお願いします(。・ω・)ノ゙


トラックバック

コメント

あー、私もクスクスそんなに好きじゃないです。これが炊き込みご飯だったら……って思います!
  • 2017-01-30│00:32 |
  • すずめ URL│
  • [edit]
すずめさん こんにちは
> あー、私もクスクスそんなに好きじゃないです。これが炊き込みご飯だったら……って思います!

ですよねー(・∀・)
そしてアフリカの人はもしかして、炊き込みご飯食べた時に
「これが米じゃなくてクスクスだったら…」
なーーんて思ってたりして
  • 2017-01-30│08:59 |
  • yanpii URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

yanpii

Author:yanpii
1960年生まれの獅子座A型 秋田県在住。
自宅の半径1~2kmで地味に生活

海外旅行は、全て公共交通機関を利用
大変ですが、けっこうなんとかなってます

ブログは旅行中にあった事や気が付いたこと=いわゆる「思い出」を中心に書いてます

広告

ブログ内・検索

検索するカテゴリ(都市名など)や「ピッツア」などの文言を入力すると、関連記事のタイトル一覧を表示します

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ