スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村
設置してみました↑
もし記事が気に入っていただけたら、ポチッとクリックお願いします(。・ω・)ノ゙


エトナ山周遊鉄道に乗ってみよう①時刻表・路線図編


3日目:2015年5月9日(土) カターニア

今日はエトナ山周遊鉄道で、エトナ山の山麓をぐるっとひと回りします

【エトナ山 Monte Etna】

シチリア島カターニア近郊にあるエトナ山は、標高3323mの活火山

ギリシア神話によると、全宇宙を崩壊させるほど大暴れした怪物テュポーンが
全能神ゼウスによってエトナ山に封印されたという
噴火はそのテュポーンがもがくことで起こる…

テュポーンは日本で言うオオナマズのようなもんだろか

エトナ山は1669年に死者10,000人を超える大噴火を起こしている
2015年12月4日には、この20年間で最も大規模な噴火を起こし
火口から2年ぶりに溶岩が流れ出し、噴煙が上空約7000mまで上がった

その時の写真をクリック→Mount Etna 2015

このように油断できないおっそろしい活火山ですが、火山灰によるミネラル豊富な土壌から生まれるアーモンドやピスタチオ、レモンやオレンジをはじめとする柑橘系農作物など食材は絶品だし、その景観の美しさは言うまでもない

1P5090107.jpg

【私鉄チルクメトネア鉄道(Ferrovia Circumetnea/FCE)】

エトナ山周遊鉄道(Ferrovia Circumetnea)という名前の通り
2両~4両編成のディーゼル車でエトナ山麓114kmを一周する路線で
じっくり山の眺めを楽しめます

2P5090140.jpg

【どう周るか?】

カターニアを起点で計画しました

エトナ山周遊鉄道のHPエトナ山周遊鉄道の時刻表を確認すると

必ずカターニアにあるBorgo駅から乗って、途中のRandazzo駅で降りる必要がある
(※Randazzoまで行かないのも有るので注意)

***その後の選択肢はふたつ***

A.Randazzo駅から再びBorgo駅へ戻る

B.Randazzo駅からさらに終点Riposto駅の1コ前Giarre駅まで行き
  イタリア鉄道に乗り換えて、カターニアに戻る


ワタシ達はB.を選択

①9時台にBorgo駅を出発して、Randazzoで昼食&観光
 中世の街Randazzo(ランダッツォ)は溶岩で出来た中世の教会などがある
  ↓
②13時台の周遊鉄道でGiarre駅まで行く
  ↓
③ついでにRipostoの町をふらついて
  ↓
④イタリア鉄道で、カターニアに戻る

計画はカンペキ!

天気もカンペキ!

ワクワクです(*゜∀゜)=3!!

接続路線図
カターニア地下鉄とエトナ山周遊鉄道の路線接続図です
同じ会社が経営しているらしい

【Ripostoまでの切符を買ったら、立派なパンフをもらいました】

始発のBorgo駅で終点Riposto駅までの切符を購入したら、
A4の地図や写真の着いた立派なパンフレットをもらいました

3パンフ - コピー - コピー
①カターニアにあるBorgo駅を出発
②Randazzo駅でいったん降車
③Randazzo駅から終点Riposto駅の1コ手前のGiarre駅まで行き、カターニアに戻る
   ↓
※Ripostoに〇しちゃったけど、Giarreで降りました

4パンフ - コピー
エトナ山周遊鉄道が停車する駅の高低差
海抜976mの Roccacalanna駅が最高地点

5パンフ表紙
こんな立派なパンフレットです

スポンサーサイト

イタリア旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村
設置してみました↑
もし記事が気に入っていただけたら、ポチッとクリックお願いします(。・ω・)ノ゙



プロフィール

yanpii

Author:yanpii
1960年生まれの獅子座A型 秋田県在住。
自宅の半径1~2kmで地味に生活

海外旅行は、全て公共交通機関を利用
大変ですが、けっこうなんとかなってます

ブログは旅行中にあった事や気が付いたこと=いわゆる「思い出」を中心に書いてます

広告

ブログ内・検索

検索するカテゴリ(都市名など)や「ピッツア」などの文言を入力すると、関連記事のタイトル一覧を表示します

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。