ぐるりんポルト→ギマランイス→ブラガ→アマランテ→ポルト


2014年11月18日(火)

本日はバスでポルト周辺の街をぐるぐる巡ります

ポルト09時20分発
  
①ギマランイス10時10分着
①ギマランイス11時35分発
  
②ブラガ12時25分着
②ブラガ14時15分発
  
③アマランテ15時25分着
③アマランテ18時15分発
  
ポルト19時15分着

こんな感じで周るんですが↓
1周遊地図
各町とも、移動時間は約50分~60分。滞在時間が各町1時間半~2時間半
ポルトガルは思っていたより狭いし、またポルトガルに来るかどうかわからないので、
とにかくたくさん見よう!と思って計画したんですが、
案の定かなりの駆け足で、こんな→(°ロ°; 三 ;`ロ´)観光となりました

バスターミナル(ポルト)
2IMG_6887.jpg
ポルトの北側にあるARRIVA社のバスターミナル
がらんとした広場にバスが数台。

職員の男性は親切で(ポルトガルの人は全般的に親切)、外でウロウロしてたら
わざわざ事務所から出てきて「乗るバスはコレだよ」と教えてくれた

3PB180506.jpg
チケット5.1ユーロ×2人

ギマランイス到着!
4IMG_6894.jpg
ポルトガルのバスは、乗り心地が良くって快適ですよ

それにしても ギ マ ラ ン イ ス 覚えにくいぞ

5IMG_6895.jpg
バスターミナル内で、ポルトから一緒だったキレイな若い女性が
「街に行くならこっちよ。一緒に行きましょう」と声をかけてくれた

旅の空の下、こんな親切な美人。ワタシがオトコだったら惚れる

6IMG_6896.jpg
バスターミナルから旧市街までの道

【ギマランイス】

ギマランイスは、初代ポルトガル国王アフォンソ・エンリケス(1143~1185年)誕生の地
街の入り口の城壁には「Aqui Nasceu Portugal (ここにポルトガル誕生す)」と
誇らしげに掲げられています。

Aqui Nasceu Portugal (ここにポルトガル誕生す)
7IMG_6899.jpg
壁に書かれた文字を見ると、よそ様の国の事ながら、なかなか感慨深い

トウラル広場 largo do toural
8IMG_6898.jpg
ギマランイスの歴史地区は、世界遺産に登録されているだけに、
町並みは中世の雰囲気を色濃く残しています

9IMG_6897.jpg
トウラル広場を囲む建物の窓。統一されたデザインが可愛い

IMG_6901.jpg
いずこも同じ。おじさんたちの立ち話

10PB180512.jpg
こういう床屋が残っている街は、いい街だと思う

11IMG_6902.jpg
手入れされた花壇が並ぶ向こうにあるのは聖人教会。

紅葉が深まる落ち着いた街並みに似合わないせっかちな早足で、
さらにギマランイスを周りますε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛




イタリア旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村
設置してみました↑
もし記事が気に入っていただけたら、ポチッとクリックお願いします(。・ω・)ノ゙



プロフィール

yanpii

Author:yanpii
1960年生まれの獅子座A型 秋田県在住。
自宅の半径1~2kmで地味に生活

海外旅行は、全て公共交通機関を利用
大変ですが、けっこうなんとかなってます

ブログは旅行中にあった事や気が付いたこと=いわゆる「思い出」を中心に書いてます

広告

ブログ内・検索

検索するカテゴリ(都市名など)や「ピッツア」などの文言を入力すると、関連記事のタイトル一覧を表示します

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ