バーリ駅・小銭を数えるときは話しかけてはイケナイ


2011年6月6日(月):ローマからアルベロベッロへ

電車は、定刻通りバーリ駅に到着しました。
ふと隣のコンパートメントを見ると、
さっきおしゃべりした青年が熟睡中なので
声をかけて起こしてあげる。

小心者の私は「乗り過ごしたらどうしよう」と、おちおち眠れんのに、
おおらかにできていてうらやましい限り…。

Gatto alla Finestra
Gatto alla Finestra / rmarinello


さて、バーリ駅。

アルベロベッロに行く私鉄SUD-ESUT線のホームは
駅正面と反対の方向にある。

階段を下りて地下道を通ると、SUD-ESUT線のホームに到着。
電車まではまだ時間があるけど、先に切符を買おうと窓口に向かう。

【小銭を数えるときは話しかけてはイケナイ】

窓口は…なんか札を立てている…「閉鎖」…?

あれ?でも中に人がいる?
何をしてるのかと見てみれば、

小銭を整理しているー!!

話しかけられると、
数え間違うから、
窓口閉めるってか?

こちらの視線に気がついた駅員のお兄さんが、
窓口を開けて切符を売ってくれた。

二人分を買ったのに、切符は1枚だけ。(一人4.5ユーロ)。
1枚で二人分らしい。

駅員のお兄さんはニッコリ笑って

「ペーパーレス」と言った。

そんなの自慢して、究極のペーパーレスである
日本のSuikaとか見たら腰ぬかすぞ。

…私も田舎もんなんで、使ったこともないですが…。

さて切符も買ったし、駅のトイレ(有料0.8ユーロ)にも行った。
電車の出発は15時17分。
街を見る時間はないけど、駅正面だけでも見てみよう。
あれ、さっきの青年を駅の正面で発見。

 彼「あー。さっきはどうも」

 ダンナ「ギリシャ行きの乗り場わかった?」

 彼「インフォメーションで聞いたんですが、
     そんなのわかんないわって言われて」
 
ダンナ「へえ、じゃどうするの?」

 彼「この近くに綺麗なビーチがあるわよって言われたから、
   とりあえず泳ぎに行こうかと…」

あくまでも自由な青年…うらやましいぞ。


イタリア旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村
設置してみました↑
もし記事が気に入っていただけたら、ポチッとクリックお願いします(。・ω・)ノ゙



プロフィール

yanpii

Author:yanpii
1960年生まれの獅子座A型 秋田県在住。
自宅の半径1~2kmで地味に生活

海外旅行は、全て公共交通機関を利用
大変ですが、けっこうなんとかなってます

ブログは旅行中にあった事や気が付いたこと=いわゆる「思い出」を中心に書いてます

広告

ブログ内・検索

検索するカテゴリ(都市名など)や「ピッツア」などの文言を入力すると、関連記事のタイトル一覧を表示します

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ