ストロンボリ・ツアー・バイ・ナイト


南イタリア+エオリア諸島13日目②(2013.10.13)

リパリ島2日目
本日は、ついにストロンボリ島の噴火を見に行きます

その名も

stromboli tour by night ドッカーン!!

島のシンボルであるストロンボリ火山は、昼間も噴煙を上げるが、
なんと言っても見どころは、夜に赤い溶岩を噴き上げる様子

こんな写真を見て、参加したいような、でも怖いような…

Stromboli Vulkaneruption
Stromboli Vulkaneruption / Thilo Hilberer

ストロンボリ島(Stromboli)は、エオリア諸島で四番目に大きい島
表面積12.6km² 人口約400人で、エオリエ諸島の一番北東に位置

【ストロンボリ火山観光のパターン2種】

①トレッキングツアー
 山岳ガイドと一緒に火山に登り、火口付近から火山活動を観察
  
②船のツアー
 遠く離れた海上から、夜空にドカーンと噴き上がる噴火を眺める

【予約はホテルか街中のお店で】

ワタシ達は宿泊しているホテルで、②船のツアーを予約してもらいました
定員が有るので、前日までに予約した方が無難らしい

リパリ島のアチコチにある「ストロンボリ火山観光」をアレンジする店で
声をかけられるので、オフシーズンなら、けっこう当日でもOKなのかもしれない

※シチリア島ミラッツオや、イタリア半島のトロペアからもツアーが出ている

【船のツアー:スケジュール】

ホテルで予約した時は、12時出港以外は何もわからず出かけました

実際に船に乗っても、特別に説明は無いです
(船内放送らしきものはあるが、聞き取れるワケもない)
着いたら降ろされて、出港の時間を教えてもらうだけ
遅れたら、たぶん取り残されます

だって乗るとき、絶対に人数数えてないよ(;・∀・)

実際はこんなスケジュールでした

12:00 リパリ島  出発
13:00 パナレア島 到着

14:00 パナレア島 出発
15:00 ストロンボリ島 到着 登山客は登山へ ワタシ達は島をウロウロ

19:30 ストロンボリ島 出発 海上から火山見学
21:15 ストロンボリ島へ戻り、登山客を乗せて出発

22:30 リパリ島 到着

ツアーは、コチラの会社でした Popolo Giallo ツアー詳細
ツアーの種類、出発の曜日・時間・金額がわかります

※ツアー催行日は毎日ではないです。開催曜日に注意です 

ホテルでくれた予約券 ↓
3PA130862 - コピー (2)
2人で70€
とりあえず12時出発なのはわかった
ホテルのお姉さんのサイン(右下)がすごすぎる 芸能人並…
4PA140968.jpg
船に乗るときに、予約券はこのチケットと取り替えた
乗り降りするのに必要かと思って、大事にしまっていたが、
この後は一度も確認されなかった

2PA130879.jpg
ここ漁師さんの小さい船も係留する小さい港、マリーナ・コルタから出港
5PA130876.jpg
他にもツアーは色々。船の大きさも色々
6PA130874.jpg
コチラは、リパリ島に来た観光客
7IMG_2615.jpg
たくさん船が発着する港なのに、その海は漂うくらげも見える透明さだー

 


イタリア旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村
設置してみました↑
もし記事が気に入っていただけたら、ポチッとクリックお願いします(。・ω・)ノ゙



プロフィール

yanpii

Author:yanpii
1960年生まれの獅子座A型 秋田県在住。
自宅の半径1~2kmで地味に生活

海外旅行は、全て公共交通機関を利用
大変ですが、けっこうなんとかなってます

ブログは旅行中にあった事や気が付いたこと=いわゆる「思い出」を中心に書いてます

広告

ブログ内・検索

検索するカテゴリ(都市名など)や「ピッツア」などの文言を入力すると、関連記事のタイトル一覧を表示します

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ