ポリニャーノ ア マーレ (*゜∀゜)=3!!


南イタリア+エオリア諸島5日目①(2013.10.5)

南イタリア5日目、曇り気味な天気。
3泊したレッチェからFS(鉄道)で約120km北上し、
同じプーリア州にあるポリニャーノ ア マーレに向かいます
Polignano a Mare「gna」「にゃ」と発音するらしい

ポリニャーノ ア マーレも、トスカーナ州の世界遺産サン・ジミニャーノ
も『ニャーノ』って響きが気になる
てじなーにゃ(by山上兄弟:←イケメンに成長している)とかも思い出す響き

【美しい海の称号:バンディエラ・ブルー】

ポリニャーノ・ア・マーレは、プーリア州中部の小さな港町ながら
その海は、欧州の検査機関による厳しい基準をクリアした場合認定される
「バンディエラ・ブルーBandiera Blu」の称号を毎年勝ち取っているという
誰もが憧れる美しい海なのだそうです。
bandiera blu 2013←参照:バンディエラ・ブルーのHPです
地図の各州をクリックすると、その地区のバンディエラ・ブルーが表示される

そんな海なら
1度は見せてもらおうじゃないのー(メ゚皿゚)フンガー!
という理由で、レッチェから電車に乗って出発です

レッチェ:10時05分⇒ポリニャーノ・ア・マーレ11時23分
普通列車:8.3ユーロ(1人) 約1時間半の旅
1PA050284.jpg
昨日まで乗っていた私鉄FSE(SUD-EST線)の素朴なディーゼル車両と趣が違うピカピカの2階建て
2IMG_1850.jpg
眺めがよさそうなので、2階席に上がってみる
黒人の小さい女の子が、こっちをジーーーッと見てる
3PA050282.jpg
がら空きだった座席も発車時刻が近づいて、9割がたの席はうまった



電車は海沿いの小さい街に停車しながら
レッチェからブリンディシを通って、バーリまで行く
駅からは、遠くに教会の鐘楼が空に向かって立っているのが見えて、
どの街にも降りて見たい気持ちに駆られる



電車は定刻通りポリニャーノ ア マーレ駅に11:23到着。
降りる人は少なく、観光を終えて大きい荷物を持って電車に乗り込む人が殆ど
4IMG_1851.jpg
駅は無人駅なのか人の気配が無い。ついでに言うと駅舎に看板が無い。
駅前はガラーーンとして、こちらもほとんど人の気配が無い
5PA050307.jpg
駅の正面の道路をテクテク歩いて、旧市街の入口へと向かう
道路は平らだし自動車も殆ど走っていないので、スーツケースを引きずって
歩いてもそれほど苦にはならない
6IMG_1853.jpg
約10分ほどでポリニャーノ ア マーレ旧市街入口の門に到着

入口の門の名前は、マルケサーレ門(Arco Marchesale)
18世紀までは、この門が町に入る唯一の入口だったそうです。
7IMG_1854.jpg
両脇が土産屋になった門をくぐって、旧市街に入る
IMG_1869 タテ
広場の古い小さい教会で結婚式に出くわしました
6IMG_1956.jpg
迷路のような狭い道路を進むと、どこからか楽しげなアコーディオンの音が
8PA050285.jpg
小さい広場でアコーディオン弾きの音楽に合わせて踊る親子発見!

クルクル回ってカワイーヾ( ゚∀゚)ノ♪

…なのに、誰もこの親子にあんまり注目していない…?




その理由はコレーー↓!!

9IMG_1856.jpg

うわわー←ホントにこんな声出した(笑)


11IMG_1861.jpg

ひえーー


10IMG_1864.jpg

ちょっとー!

なんなんですか?
コレ━━ヽ(゚Д゚;)ノ━━?!


10月の曇り空でもこの透き通った海…

恐るべし…バンディエラ・ブルー…


イタリア旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村
設置してみました↑
もし記事が気に入っていただけたら、ポチッとクリックお願いします(。・ω・)ノ゙



プロフィール

yanpii

Author:yanpii
1960年生まれの獅子座A型 秋田県在住。
自宅の半径1~2kmで地味に生活

海外旅行は、全て公共交通機関を利用
大変ですが、けっこうなんとかなってます

ブログは旅行中にあった事や気が付いたこと=いわゆる「思い出」を中心に書いてます

広告

ブログ内・検索

検索するカテゴリ(都市名など)や「ピッツア」などの文言を入力すると、関連記事のタイトル一覧を表示します

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ