2009年イタリア旅行・どこを旅する?


旅というのは、綿密な計画を立てた方がいいのか?
アバウトがいいのか?

どちらが正しいのかは判断がつきかねますが、
2009年の旅行プランは

「ミラノのホテルを拠点に周辺の都市を日帰りでまわってみる」

という超アバウトなもの。

【2009年イタリア旅行・どこを旅する?】

どこで何をしたいかオットに聞いてみた。

回答⇒「北イタリアと言えば生ハムの本場。
   生ハムをイヤというほど食ってみたい!」


なるほど。
「美味しんぼ~究極VS. 至高!イタリア対決!!
(編雁屋 哲 花咲 アキラ)」を読ませたのが効いたらしい。

美味しんぼの81巻は、主人公達がパルマに行き、
美味しい生ハムやパルミジャーノやら…

とにかく腹減ってる時に読むと拷問に近い内容。
更にこのマンガでは生ハムの製法など色々薀蓄が書かれていて勉強になる。

中でも最もオットの興味を引いたのが、
抜群にウマイ!と絶賛されている「CULATELLO(クラテッロ)」という
豚のお尻の部位で作られる生ハム(普段食べている生ハムは、腿肉)。

そして「CULATELLO」に使う豚は
エミリア・ロマーニャとかロンバルディーアの豚のみ!!
今回訪問するトコじゃないですか!!
これで、どこの街を訪れても、市場めぐりは決定。

私の方はと言えば、タカコ・半沢・メロジーさんの著書
「イタリアのすっごく楽しい旅」(光文社知恵の森文庫)で、
コモ湖→ベルガモ→ミラノの旅がとっても魅力的に描かれていたので、
是非コモ湖とベルガモに行ってみたい。

なので、このプランも採用。

そして、ミラノと言えばレオナルド・ダ・ヴィンチの最後の晩餐。

小さいころに世界偉人伝で繰り返して読んだのが

「万能の天才。レオナルド・ダ・ヴィンチ」

彼の傑作を見ないわけにはいかない。

しかし、見学は完全予約制で、数日前に予め電話をするか
チケットの入手が必要。
また、見学時は予約時間の30分以上前に到着の必要がある。

というように、見学するには数々のハードルをクリアする必要がある。
「よっしゃ、ネットで調べまくるぞ!!」と張り切ったのですが。

……結局日本では予約が取れなかった。
旅行代理店も撃沈

「当日、キャンセルがあれば入れるかもよ~」

なんてのんきに考えていたのですが…。
後述しますが、これは超甘い考えでした!!

生ハム
オットがコーフンする眺め⇑
イタリア旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村
設置してみました↑
もし記事が気に入っていただけたら、ポチッとクリックお願いします(。・ω・)ノ゙



プロフィール

yanpii

Author:yanpii
1960年生まれの獅子座A型 秋田県在住。
自宅の半径1~2kmで地味に生活

海外旅行は、全て公共交通機関を利用
大変ですが、けっこうなんとかなってます

ブログは旅行中にあった事や気が付いたこと=いわゆる「思い出」を中心に書いてます

広告

ブログ内・検索

検索するカテゴリ(都市名など)や「ピッツア」などの文言を入力すると、関連記事のタイトル一覧を表示します

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ