トリノでキツネにつままれる?


2009年11月4日(水):トリノ観光(1)

イタリア旅行も今日と明日の2日。

当初、予定にはなかったトリノへ向かうことにしました。

というのも、2日前ホテルで朝食をとっている時に、
トリノと京都の半々で生活しているという日本人女性と会いました。

「もしまだトリノに行ったことがなければ、美しい街なので、是非」

と彼女がオススメしてくれたのです。

トリノと京都…古都にふさわしい上品な彼女のすすめに従って、
電車で出かけることにしました。
2等列車で、約2時間の旅。

私たちが持っているトリノに関するガイドブックは、
オリンピック開催前の2004年発行のもの。
地図には市内を走る地下鉄の表示もない。

でもトリノ市内は京都のように
道路が碁盤の目のように90度に交差する分かりやすい街並。

なんでもローマ帝国時代の建築の名残とか。
いいシステムは残るんですねえ。

…などと気軽にかまえていたら…

トリノ街並み 
***美しく整備されているトリノの街並み***


【トリノでキツネにつままれる?】

トリノのポルタ・ヌオーボ駅前にあるカルロ・フェリーチェ広場。
その周りをカフェやおしゃれなお店が取り囲んでいます。

お店を眺めながらまっすぐ歩けば、トリノの繁華街ローマ通り。
さらに歩けばサン・カルロ広場、
カステッロ広場、
そしてサヴォイア家の王宮がある。

…はずだった。

トリノの高級ショッピングストリートを歩いているはずなのに、
なんだか雰囲気が違う…。

お店はたまにあるけど、とてもとても高級なんて感じじゃない。

歩道も車道もデコボコ。

なによりも人通りが…無い( ̄ー ̄?).....???。

「こりゃいくらなんでもオカシイ」

「なんで、まっすぐな道で迷うのよ~?」

買い物袋を下げたおばちゃん二人が来たので、
「王宮はどこですか?」と尋ねてみた。

すると、私たちの後ろ、
つまり今まで歩いてきた方向を指さすのです。

「??????」(@_@)(@_@)(@_@)(@_@)(@_@)

まさにキツネにつままれるとは、この事。

落ち着いてあたりを見回す。
道路の横に鉄道の線路がある。
地図を見る。

トリノ地図(゚A゚ )!!

駅前広場が半円を描いていたので、
そのままぐるっと180度戻って
駅の横の道を歩いていたのでした…。

これをキツネにつままれたと言わずなんと言うの?

注意力散漫と言う…( ̄▽ ̄;)アハハ…
スポンサーサイト

イタリア旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村
設置してみました↑
もし記事が気に入っていただけたら、ポチッとクリックお願いします(。・ω・)ノ゙



プロフィール

yanpii

Author:yanpii
1960年生まれの獅子座A型 秋田県在住。
自宅の半径1~2kmで地味に生活

海外旅行は、全て公共交通機関を利用
大変ですが、けっこうなんとかなってます

ブログは旅行中にあった事や気が付いたこと=いわゆる「思い出」を中心に書いてます

広告

ブログ内・検索

検索するカテゴリ(都市名など)や「ピッツア」などの文言を入力すると、関連記事のタイトル一覧を表示します

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ