バルセロナ・グエル邸②屋上で煙突の煤を心配するワタクシ


3日目:2016年4月28日(木) バルセロナ

グエル邸内部の見学を終えて、階段を登って屋根を目指す

途中、洗濯などの家事が行われていた屋根裏部屋がある

こんだけ豪華な屋敷を美しく心地よく維持するには、財力+完璧な家事能力を備えたたくさんの使用人が必要だったに違いない。NHKで放送してる「ダウントン・アビー」の召使たちが集まる部屋のシーンが頭に浮かぶ
余談→あのドラマで一番好きなキャラは、マギー・スミス演じるバイオレットですw

【屋上にあるキノコの国】

グエル邸の屋上に出ると、そこには20本のキノコのような煙突が出現

14本がカラフルな破砕タイル、陶器やガラスなどで色彩豊かに装飾されています

重厚で豪華なグエル邸の内部とは一転して、ポップ&メルヘンチックな屋上です

2IMG_2821 - コピー
そして屋上の中心には、建物に光を取り込むための15メートルの塔

1P4280385.jpg
塔のてっぺんにいるのは、風見鶏ならぬ羽を広げたカッコイイ風見蝙蝠

中国では「蝠」と「福」が同じ発音なので、蝙蝠は福を呼ぶ動物とされているし、日本でも蝙蝠(コウモリ)=子守(子を守る)って事で、繁栄や幸福の象徴なので、旧家の欄間に蝙蝠の彫刻があしらわれたりしてますね

しかし、ヨーロッパでコウモリは、悪魔・恐怖・魔法の象徴と聞きます。その悪魔の使いの蝙蝠をあえて屋敷のてっぺんに据えるガウディのセンスは、なんか好き(・∀・)

3P4280384.jpg
とにかくカワイイ煙突たち。見学者は自分のお気に入りの煙突の前で、思い思いに写真を撮っています

さっき見学したグエル邸内部の暖炉や家事室で燃やした薪の煙が、ここからモクモクと出ていたんだろうか
だとしたら、煤で汚れて手入れが大変だったろうな←庶民目線(;´∀`)

4P4280391.jpg
近所の建物と比較すると、ひときわ異彩を放つ屋上である

5IMG_2831.jpg
ゴシック地区の中心カテドラルも見える

かわいい煙突越しにラバル地区やゴシック地区が見られるグエル邸です

6P4280392.jpg
そして目を転じると…

7IMG_2830.jpg
コロンブスが、海の向こう新大陸を見つめているのだ


イタリア旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村
設置してみました↑
もし記事が気に入っていただけたら、ポチッとクリックお願いします(。・ω・)ノ゙



プロフィール

yanpii

Author:yanpii
1960年生まれの獅子座A型 秋田県在住。
自宅の半径1~2kmで地味に生活

海外旅行は、全て公共交通機関を利用
大変ですが、けっこうなんとかなってます

ブログは旅行中にあった事や気が付いたこと=いわゆる「思い出」を中心に書いてます

広告

ブログ内・検索

検索するカテゴリ(都市名など)や「ピッツア」などの文言を入力すると、関連記事のタイトル一覧を表示します

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ